インヴェンター社正規品 デセントラル熱交換第一種換気システム(ダクトレス分散型連動制御システム) ヴェントサン

MENU

逆流防止型ベントキャップ S-150,S-100

逆流防止型ベントキャップ

本製品は、ベントキャップに求められる数多くの構造的な性能と機能を備えています。
給気用フードとして使用した時には、雨・風・雪が入りにくく、新鮮な外気を程よく給気します。
北海道立北方建築総合研究所での水密性テストでも、漏水がほとんどありません。
又、排気用フードとして使用した時には、外気の影響を受けずに、スムーズな排気を確保することが出来ます。

特長

○雨・風・雪が入りにくい
○程良い給気・スムーズな排気
○外壁の凍害防止      ~クレームの原因となる外壁や塗装の凍害を防ぎます。
○外壁の汚れ防止      ~雨水が外壁を伝わりにくい構造。

用途

○ダクトレス換気用フード  ~弱電力のパイプファンでも逆流を防いで排気します。
○自然給気用フード     ~外気の強い吹込みを軽減。
○集中換気用フード
○局所換気用フード     ~レンジ、バスルーム等の局所換気にも最適。

工夫

○本体がツーピース構造   ~施工・メンテナンスがしやすい。
                     フードカバーの交換も可能。
○高断熱・高気密住宅に最適 ~気密パッキン材の採用により、スリーブ管と
                     フードの気密化を図りました。

逆流防止の工夫

給・排気口の側面に工夫し、室内に雨・風・雪が入り難い構造としております。
逆風防止型ベントキャップ ダクトレス換気用フード

従来型フードの問題点

凍害・外壁の汚れ・構造上の問題・大きな圧力損失

外壁の汚れ-水返しのないフードは雨が伝い、汚れが外壁に付着して汚します。


外壁の凍害-室内側からの水蒸気により、外壁の塗膜に膨れや剥がれが発生したり、凍結による膨張で凍害となります。


構造上の問題-従来型のフードは外気の影響を受け、大きな圧力損失が生じます。
対風圧を配慮しても、水密性が高いとは限りません。

施工例

換気の義務化と圧力損失計算を配慮 給・排気フード 物性データ

建築基準法が改正(平成15年7月施行)。シックハウス対策として一定換気量を確保できる設備の
構造・方法を定めるものです。建機システムの全圧力損失を考慮することとなりました。

○国土交通省告示 第274号
『-給気機又は排気機の構造は、換気経路の全圧力損失(直管部損失、局部損失、諸機器その他における圧力損失の合計をいう)を考慮して計算により確かめられた給気能力又は排気能力を有するものとすること』

φ100給気 3.0(33Pa-120m³/h) 3.0(2Pa-30m³/h)
φ100排気 3.0(33Pa-120m³/h) 3.0(2Pa-30m³/h)
φ150給気 3.4(45Pa-300m³/h) 2.8(0.4Pa-30m³/h)
φ150排気 1.8(24Pa-300m³/h) 1.2(0.2Pa-30m³/h)

風量-圧力差グラフ

規格・仕様

ベントキャップ 本体

※実際の製品の色は画面の色と多少異なります。


プラスチック
(ブラック)

プラスチック
(シルバーホワイト)

ステンレス100φ

ステンレス150φ

ベントキャップ樹脂 寸法図

商 品 名 品 番 寸法 材 質 呼び径
ベントキャップ 樹脂 P-100 224×86×182 ABS樹脂 φ100
ベントキャップ ステンレス S-100 217×88×189 SUS-304 φ100
S-150 310×128×270 SUS-304 φ150


オプション部材

防火ダンパー

商 品 名 品 番 寸法 材 質 呼び径
防火ダンパー S-100FD φ93×50 鋼板製1.6㎜ φ100
S-150FD φ114×50 鋼板製1.6㎜ φ100

健康・快適・省エネ・サスティナブル 「健康で幸せな生活をより長く」 TEL 0422-26-6922 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © エディフィス省エネテック株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.