■日程: 2017年 4月20日(木)~2017年 9月21日(木)

■セミナー情報
住宅の省エネ化が求められています。平成25年度に新省エネ基準が改正され、2020年には義務化になります。新基準は最低基準です、2020年の法制化後は2030年に向かってネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)が新築住宅の標準になってきます。ハウスメーカーをはじめとして先進の企業は標準仕様としてZEH仕様の家を提案し始めました。最新の知識と技術を習得して、他社との差別化に勝ち残ってください。
講座は前期(4月~9月)パッシブ住宅 基礎講座と後期(10月~3月)パッシブ住宅 実践講座となっています。

■ プ ロ グ ラ ム ■
【第1回】 「外皮性能基準の基礎知識」 2017年4月20日(木) 13:00~17:00
・UA値とは何か、UA値の活用の仕方 Q値との違い
・mC、mH値とは何、数値の活用の仕方
・パッシブ住宅とは、パッシブエネルギー の活用、パッシブハウスとパッシブ住宅
—————————————————————————————————
【第2回】 「自然エネルギーの活用(1)」 2017年5月18日(木) 13:00~17:00
・冬期日射熱の利用
・顕熱蓄熱、潜熱蓄熱、暖房負荷 の軽減
—————————————————————————————————
【第3回】 「自然エネルギーの活用(2)」 2017年6月15日(木) 13:00~17:00
・地中熱の利用
・基礎床下冷暖房システム
—————————————————————————————————
【第4回】 「自然エネルギーの活用(3)」 2017年7月20日(木) 13:00~17:00
・地中熱の利用
・基礎床下冷暖房システム
—————————————————————————————————
【第5回】 「一次エネルギー消費量の計算」 2017年8月17日(木) 13:00~17:00
・熱負荷シミュレーション
・計画室温変化、光熱費の提案
—————————————————————————————————
【第6回】 「性能別比較、実例と計画」 2017年9月21日(木) 13:00~17:00
・H25年度基準と、ネット・ゼロ エネルギー仕様、パッシブ住宅仕様
・イニシャルコストとランニングコスト 比較

※ご希望の回を「その他」欄にご記入ください。 (記入例:全回、第2回、4/20回・・・等)

■講 師:茅原 守雄 氏(なちゅらる・さーかす 代表、パッシブ・エコハウス・ネットワーク 代表)
 近畿大学建築学科卒業後、総合建設業設計部を経て1998年独立し現職。
 高性能木造住宅を専門に設計・監理及び施工指導を行う。
 2013年第5回サステナブル住宅賞受賞(主催:IBEC(財)建築環境・省エネルギー機構)
 P.V.ソーラー・ハウス協会理事

■受講料:各回:6,000円 前期一括申込:30,000円

■会場:ATC ITM棟11階 おおさかATCグリーンエコプラザ (ニュートラム線「トレードセンター前」駅下車)

■定員:各回30名

■備考:
※定員になり次第申込を締め切らせていただきます。 ※申込受付後、請求書を送付致します。振込手数料はご負担お願い致します。
※お振込後のキャンセル、返金はお受け致しかねます。
※ご希望の回を「その他」欄にご記入ください。 (記入例:全回、第2回、4/20回・・・等)

■協 力:なちゅらる・さーかす/福井コンピュータアーキテクト株式会社

お申込みは下記URLからお願いいたします。
https://area18.smp.ne.jp/area/card/251/fK_XFb/M?S=sapa0oht0k