ホワイト工務店の働き方を学ぶセミナー[働き方改革編]

共催:株式会社オクト 新建新聞社のセミナーのご案内です。

なぜホワイト工務店には優秀な人材がいるのか??
人材不足。工務店経営者が抱える大きな課題のひとつ。やっとの思いで優秀な人材を採用し育て、さあこれからという時に同業他社に転職されてしまう、なんて話はよく聞くところです。退職理由はさまざまですが、十中八九で職場環境が理由です。また、新規の入職者からすれば「朝早く夜遅い勤務」「休日出勤は当たり前」はブラック企業とレッテルを貼り敬遠します。「朝早く夜遅い勤務」「休日出勤は当たり前」が常識とされている工務店業界だけを特別扱いはしてくれません。これらに気づいた工務店は、すでに勤務時間、勤務形態の見直し、ICTの導入などで生産性の向上をするなど職場環境の改善を進め、優秀な人材を確保しています。さらにその良い噂を聞きつけた優秀な人材が集まってくるという正のスパイラルが回り始めています。そんな工務店をホワイト工務店と呼んでいます。今回のセミナーでは、ホワイト工務店である2社の代表をお呼びし、多様な働き方に対応するシステムや業務改善のノウハウをご講演いただきます。

スケジュール
日時: 8月28日(火)13:00〜17:00
場所: エッサム神田 グリーンホール
千代田区神田須田町1-26-3 エッサム本社ビル3F
JR神田駅東口徒歩3分/東京メトロ銀座線神田駅5出口徒歩1分
参加費: 無料
※終了後、懇親会(希望者のみ。会費/5,000円)
定員: 100名

お申し込み
http://www.s-housing.jp/archives/137609

講師

ウィングホーム株式会社
代表取締役 斎藤 元志氏

静岡県菊川市の工務店。
全員女性社員のライフコーディネーターによる提案型営業が特徴。

注目point
社員27人中20人が女性(主婦パート4人含む)の工務店で、平均年齢も30歳前後と若い。家づくりのフロント役は全員女性社員。社員の状況に応じて働きやすくする環境をシステムによってフォローすることで、柔軟な働き方を実現している。

株式会社イズ
代表取締役 名越 生雄氏

大阪府堺市に本社を置くリフォーム会社。
現在5店舗を構え、社員数は41名。

注目point
人材難の中、若者の採用活動に意欲的に取り組んでいる。ICTをベースにした仕組みにより入社後の成長も早く、多くの社員は20代から会社の前線で活躍している。営業・工事管理の現場確認の無駄をなくす仕組みを構築し、できた時間を有効に活用することで他社との差別化を実現し、受注を伸ばしている。

株式会社オクト
代表取締役社長 稲田 武夫氏

「現場監督や職人さんの働くを幸せにしたい」という思いで、建築・ 建設現場の施工管理アプリANDPADを開発。現在800社を超える企業様にご導入いただき、日々全国の施工現場のIT化と向き合い続けている。

株式会社新建新聞社
代表取締役 三浦 祐成

住宅専門紙「新建ハウジング」の立ち上げから記者を担当、同紙編集長を経て同社代表取締役社長。ポリシーは「変えよう!ニッポンの家づくり」。執筆や講演を通して住宅業界の変革を訴え続けている。